close

SBISLカンボジア技能実習生支援ローンファンド

本ファンドへの出資には高いリスクが伴うものであることをご了承ください。
本ファンドは他のファンドに比べ、ロールオーバーする可能性が非常に高くなっています。
★ロールオーバーについては、よくあるご質問(ロールオーバーとは何ですか?)をご確認ください。

ファンドコンセプト

カンボジアの未来を担う人々に、日本で技術・技能・知識を学ぶ機会を提供し、「ソーシャルリターン」の創造を目指すことを目的としています。

ファンドコンセプト

ファンド概要

SBISLカンボジア技能実習生支援ローンファンドは、日本で働くカンボジア人技能実習生向けに、出光セゾンマイクロファイナンス(カンボジア)有限会社からの借換えに限定した貸付事業で運用するファンドです。

スキームの概念図

予定年間利回り
10.0%
借手資金使途
出光セゾンマイクロファイナンス(カンボジア)有限会社から貸付けを受けたローンの借換え資金
募集額
借手の人数と希望額により毎回変動 (10月は2名程度、約100万円を予定)
募集期間
毎月1回 / 1日 午前 9:00 ~ 20日 午前12:00 (正午)
運用期間
約12ヶ月
分配日
毎月15日(弊社休業日の場合は翌営業日)
出資単位
1口 1万円
担保
無担保
  • ・本ファンドへの出資には高いリスクが伴うことをご了承ください。
  • ・本ファンドでは、借手の資金需要に対し大変多くの出資金が集まっているため、
    ロールオーバーする可能性が非常に高くなっています。
    過去の募集状況については、マイページの“出資申込ページ”をご確認ください。

    ロールオーバーについて1


    ★ロールオーバーについては、よくあるご質問(ロールオーバーとは何ですか?)をご確認ください。
  • ・入金されてから、資金が1年以上ロールオーバーし続けた場合、誠に恐れ入りますが返金となります。
    詳しくは、お申込みの際に交付する「匿名組合契約書」をご確認ください。
  • ・出資金は、弊社が入金を受領した順に貸付けに充当されます。
    ご出資は、現在の申込金額と投資家数をご考慮のうえ、各自の判断でお願い致します。

    ロールオーバーについて2

  • キャンセル時には、速やかに出資金を返金いたします。(手数料は無料です)
  • ・ロールオーバー中の出資金は、弊社の資産とは分別して管理されます。
  • ・借手の貸倒れ等によって、元本割れが生じ、最悪の場合には元本が0になる可能性があり、実際の運用利回りを確約するものではありません。
    なお、投資のリスクと手数料については、ページに記載する事項、投資の際に交付される各種書面を十分ご理解いただいたうえで、投資にあたっての最終判断はお客様ご自身でお願いいたします。
  • 出資募集期間の最終営業日午後5時までに出資金の入金・振替依頼が確認できない場合、お申込みは自動的にキャンセルされます。
    出資募集期間の終了日直前でお申込みをされる方は、入金期限にご注意ください。
  • ・貸付金に充当されるまでの間は、出資金に対して利息はつきません。
  • ・貸付先から期限前返済が発生し、運用期間が短縮される可能性があります
    ★期限前返済については、よくあるご質問(借手の期限前返済は発生しますか?)をご確認ください。
  • ・借手は元利均等払いで返済を行うことが予定されているため、毎月お客様への出資金の償還が発生します
    お客様への出資金の償還に伴い、運用額及び利息分配額も毎月変動しますので、あらかじめご了承ください。
  • SBISLカンボジア技能実習生支援ローンファンド_分配例(10万円を出資した場合)

    借手の概要

    本ファンドの借手は、協業先の出光セゾンマイクロファイナンス(カンボジア)有限会社からカンボジアで貸付けを受け、日本で技能実習生として就業する予定の、カンボジア国籍の個人です。
    技能実習を志望するのは、20~30歳半ばの男性が多く、主に農村部出身で、特定の業務に従事した経験を有する方々です。
    借手の方々は、本ファンドから貸付けされた資金を使ってカンボジアでの借入金を返済し、本ファンドへと借換えることで、為替リスクを排除しつつ技能実習を行うことができます。
    詳しくは、ファンドコンセプトのページをご覧ください。

    スケジュール

    ファンドは1か月毎に組成されます。お客様の出資金が貸付事業に充当されず余剰資金が発生した場合は、貸付実行期間の翌日から開始する同種のファンドにロールオーバーされます。
    また、ロールオーバーされた資金は、弊社にてお客様からの出資金を受領した順に貸付けに充当されます。

    SBISLカンボジア技能実習生支援ローンファンド_ロールオーバーイメージ図

    ファンドの概要・手数料・リスクについて

    よくあるご質問

    ファンドの仕組みについて

    「投資家の出資額」が「借手の借入れ希望額」を超える場合、どうなるのですか?

    借手の借入れ希望額を超え、貸付けに充当されない投資家の出資金は後述するロールオーバーの対象となります。
    弊社にてお客様からの出資金を受領した順に、貸付けに充当されます。

    「投資家の出資額」が「借手の借入れ希望額」に満たない場合、どうなるのですか?

    投資家の資金が借手の借入れ希望額に不足している場合には、投資家の出資金は後述するロールオーバーの対象となります。

    運用開始はいつからですか?

    借手に対する貸付けを実行した日からです(ただし、借手に対する貸付金に利息が発生するのは、貸付けをした日の翌日からです。)。
    そのため、出資金をご入金いただいても、ご又はロー入金日から、貸付実行日までは運用が開始されず、分配が受けられません。

    ※投資家のお客様には、貸付実行期間終了後に運用予定表の交付又はロールオーバーのお知らせをします。
    ※貸付実行日については公開していません。
    ※貸付金の一部が期限前返済された場合でも、運用予定表は再交付していません。

    管理手数料について教えてください。

    管理手数料については、「ファンドの概要・手数料・リスクについて」及び契約締結前交付書面の手数料の記載をご確認ください。

    借手に対してどのような審査を行うのですか?

    貸金業法に則った弊社独自の審査基準に基づく審査を実施しています。

    借手への貸付けは、どのような方法・条件で行われるのでしょうか?

    弊社は、後述する借手と直接金銭消費貸借契約を締結し、その契約に基づいて貸付けをします。
    なお、貸付けにあたり、担保権の設定や保証契約の締結は行いません。
    当該貸付けは、毎月元利均等返済方式で銀行口座からの口座振替により返済を受け、最大12回で完済となる条件で行われます。

    借手について

    借手について教えてください。

    借手は、協業先の出光セゾンマイクロファイナンス(カンボジア)有限会社からカンボジアで貸付けを受け、日本で技能実習生として就業する予定のカンボジア国籍の個人です。
    技能実習を志望するのは、20~30歳半ばの男性が多く、主に農村部出身で、特定の業務に従事した経験を有する方々です。

    借手の資金使途は何ですか?

    借手が、研修費用、在留資格・パスポート・ビザ取得費用の支払いの為に、協業先である出光セゾンマイクロファイナンス(カンボジア)有限会社から貸付けを受けたローンの借換え資金です。

    借手の返済原資は何ですか?

    実習生として就業した結果得られる、毎月の給与の一部が返済原資となります。

    借手のメリットは何ですか?

    借手である、技能実習生は、カンボジア政府の認定機関である送り出し機関で研修を受け、在留資格・パスポート・ビザを取得し出国しますが、その費用が無く訪日ができなかったり、費用を日本の一般的な金利水準に比べ高金利で借入れているケースも多く存在します。
    そのため、借手はカンボジア国内での借入れを、本ファンドからの借入れに借換えることで、毎月の送金時の「為替リスク」を回避できるだけでなく、「より少ない金利負担」で学ぶ機会を得られるという大きなメリットを享受できます。

    分配について

    分配はいつから始まるのですか?

    分配は、借手への貸付実行日(運用開始日)の翌々月の15日(※)から開始される予定です。


    借手が7月21日~7月31日に借入れを行った場合には、8月27日(※)から返済が始まりますので、9月15日(※)から分配を実施することになります。

    (※)弊社休業日の場合は翌営業日

    分配原資は何ですか?

    分配原資は、主に毎月借手が弊社に対して支払う利息です。
    また、借手は原則として、毎月元利均等返済方式で返済を行うため、毎月出資金の償還が行われる予定です。
    借手が期限前返済を行った場合には、運用期間が短縮される場合があります。

    借手の期限前返済は発生しますか?

    借手の状況により、期限前返済が発生します。なお、期限前返済には下記の2種類があります。

    一部元金の期限前返済
    ⇒残元金に基づくファンドの運用は継続され、残元金が完済されるまでは金額に応じた運用及び分配が継続されます。
    残元金の一括期限前返済
    ⇒残元金が0円になるため、ファンドは解散となり以後の分配は実施されません。

    その他

    ロールオーバーとは何ですか?

    ロールオーバーとは、出資の募集期間の終了後に、投資家の出資金に余剰資金が生じることが確認できた場合に、その時点で募集を行う予定の同種のファンドについて匿名組合契約が新たに締結されたものとして、その余剰資金が当該ファンドへの出資に充てられることをさします。

    また、出資募集期間終了後には余剰資金が生じなかったものの、貸付実行期間終了後に余剰資金が生じることが確認できた場合にも、同様に、その時点で募集を行う予定の同種のファンドにロールオーバーされます。

    ※本ファンドは、貸付実行期間終了後にのみロールオーバーのお知らせをします。
    ※匿名組合の種類によって、貸付実行期間などが異なりますので、ご注意ください。

     
    運用開始後に途中解約することはできますか?

    任意の途中解約はできません。
    ただし、弊社に匿名組合契約の規定に違反するなどの事由が生じた場合には、契約を解除することができる場合があります。
    この詳細については、契約締結前交付書面等の記載をご参照ください。

    このサービスはいつから開始されたのでしょうか?

    SBISLカンボジア技能実習生支援ローンファンドは、2017年6月19日から募集を開始しました。

    出光セゾンマイクロファイナンス(カンボジア)有限会社はどのような会社ですか?

    出光クレジット株式会社が2015年8月に設立した出光セゾンマイクロファイナンス(カンボジア)有限会社は、カンボジア政府が推進する農業の近代化と農家の生活向上、及び同国の経済発展に貢献する為、農業分野を中心とした貸付事業や個品割賦事業を2016年1月から開始している会社です。

    出光クレジット株式会社のホームページ
    http://www.idemitsucard.com/

    SBIソーシャルレンディングは
    業界最低水準の事業者スプレッド(※)、法人向け貸倒れ0件、3つの手数料が無料!

    (※)貸付金利に占めるソーシャルレンディング事業の手数料割合

    新規登録(無料)