close

SBISL地方創生ローンファンド1号

この商品は、オーダーメード型の商品です。
「商品概要」「サービスの概要と出資のリスク・手数料について」「よくあるご質問」「ファンドの特徴」をご覧になる場合には、項目ごとに以下のリンクよりご確認ください。

よくあるご質問

■ 借手について
ご質問
1. どのような事業を営む者がこのファンドの借手になるのですか?
回答
このファンドの借手は、(1)西日本で自噴する湧水を、「飲料用ミネラルウォーター」として商品化し販売する事業の計画(以下「本件事業計画」といいます。)を有する事業者(以下「借手①」といいます。)と、(2)当該事業者が100%出資する子会社で、これらの借手は、本件事業計画において予定している事業以外に事業を行っておらず、以下の各フェーズからなる本件事業計画の完遂を目指しております。

■フェーズ1(2017年5月~2017年7月)
 事業用地の取得、宅地申請、井戸の掘削、水質検査など

■フェーズ2(2017年7月~2018年1月)
 製造工場建設、製造ライン機械購入、販売候補先との協議本格化

■フェーズ3(2017年12月~2018年2月)
 従業員雇用、ミネラルウォーター製造開始、販売契約締結

■フェーズ4(2018年5月以降)
 銀行等金融機関から資金調達及び弊社への返済

よくあるご質問へ戻る

ご質問
2. 借手の資金使途は何ですか?
回答
借手の資金使途は、本件事業計画に係る開業資金です。開業資金の具体的な項目は、事業計画における各フェーズにおいて、例えば以下の支払いに用いられます。

■フェーズ1
 ・地権者に支払う飲料用ミネラルウォーター製造販売事業に必要な
  事業用地(5,672㎡)取得費用
 ・土地家屋調査士へ支払う農地転用及び測量等の費用
 ・掘削業者に支払う湧水取水用井戸の掘削、水質検査に係る費用

■フェーズ2
 ・建設業者に支払う着手金及び工場の図面作成、並びに土地の造成・工場建設に係る費用
 ・製造ライン販売設置業者に支払う製造ラインの購入費用(分割払い交渉中)

■フェーズ3 従業員雇用、製造開始、販売契約締結
 ・従業員に支払う給与及び事業経費その他の運転資金
 ・輸送業者に支払う輸送費

よくあるご質問へ戻る

ご質問
3. 借手の返済原資は何ですか?
回答
借手は、銀行や公的金融機関による融資の実行受けて、営業者からの貸付金の返済を行う予定です。ただし、現時点で融資の確約が取れている金融機関はなく、本事業が頓挫した場合や売上が思うように伸びなかった場合には、これらの融資が受けられなくなる可能性があります。なお、金融機関による融資の審査が完了し、融資が実行されるまでには、少なくともミネラルウォーターの製造販売を開始してから3~6ヶ月程度の期間がかかることが見込まれております。

よくあるご質問へ戻る

ご質問
4. 借手への貸付は、どのような方法・条件で行われるのでしょうか?
回答
借手への貸付は、下記①~③の担保権を設定することを条件とした極度方式基本契約に基づく個別貸付契約を締結したうえで実行されます。その後、借手は、当該極度方式基本契約に定める限度額の範囲内で、このファンドも含め複数のファンドから借入を行う場合があります。なお、借手は、他方が当該極度方式基本契約に基づき負担する債務について、それぞれ連帯保証人となることを予定しています。

①借手①が取得する本件事業用地に対し、抵当権を設定
②借手①により建設される予定の工場建物に対し、担保権(※)を設定
③借手①により設置される製造ラインに係る設備・動産に対し、担保権(※)を設定
(※)抵当権、譲渡担保権、工場抵当権及び工場財団抵当権を含みます。

よくあるご質問へ戻る

ご質問
5. 投資家からの出資金の合計額が募集額に満たない場合、貸付は実行されないのでしょうか?
回答
投資家からの出資金の合計額が、最低募集額である6億円に満たなかった場合は、貸付は実行されません。

よくあるご質問へ戻る

ご質問
6. 募集金額と9億円と最低募集額の6億円の差は何ですか?
回答
借手は、ミネラルウォーターの製造ライン等の代金の支払いを段階的に行うことを予定しているため、当初は6億円の資金があればミネラルウォーター製造販売事業を開始できると判断しています。もっとも、借手が本件事業計画を完遂するためには、9億円の事業資金が必要であるため、投資家の出資金の合計額が6億円以上に達したとしても、9億円を下回る場合には、その不足分について、別のファンドを組成して追加の貸付を行う予定です。

よくあるご質問へ戻る

ご質問
7. ミネラルウォーターの買い手はいるのですか?
回答
借手は現在、商社や卸売業、小売業などの流通業者との交渉を行っております。現時点では契約に至った販売先はありませんが、製造開始までに、一定程度のロットを購入先と契約をすべく鋭意努力しています。

よくあるご質問へ戻る

■ 担保について
ご質問
1. 担保となるものは何ですか?
回答
担保は、以下の3つを予定しています。
①借手①が取得する本件事業用地に対する抵当権
②借手①により建設される予定の工場建物に対して設定される担保権(※)
③借手①により設置される製造ラインに係る設備・動産に設定される担保権(※)
(※)抵当権、譲渡担保権、工場抵当権及び工場財団抵当権を含みます。

よくあるご質問へ戻る

ご質問
2. 抵当権とは何ですか?
回答
債権者が債権の担保として債務者が提供する本件不動産等に設定し、債務者の弁済がない場合には、その不動産等から優先弁済を受けることを内容とする担保物権です。
今回営業者の貸付債権を担保するために抵当権を設定することで、営業者は、抵当権の目的物である不動産等の換価代金からの優先弁済を受けることができるようになっています。
ただし、本件不動産等の価格の変動等によって、抵当権を実行しても貸付債権の全額を回収できない場合もあります。

よくあるご質問へ戻る

ご質問
3. 譲渡担保権とは何ですか?
回答
債権者が債権の担保として担保目的物に設定し、債務者から弁済がない場合には、その担保目的物から優先弁済を受けることを内容とする担保物権です。質権との大きな違いは、質権においてはその担保目的物を予め債権者に引き渡しておかなければならないのに対し、譲渡担保権では、債務者が担保目的物を継続使用することが可能な点にあります。

よくあるご質問へ戻る

ご質問
4. 借手の返済が滞った場合、どのような対応がとられるのでしょうか?
回答
営業者は、借手からの返済が滞った時点で、担保権を実行してその換価代金を受領することで回収を行い、また連帯保証人から回収を行うなどの対応をとることになります。ただし、回収費用の多寡及び回収までの期間の長短にかかわらず、法定の手続によることも含めて、回収方法は、営業者の裁量に委ねられることになります。その他、借手において期限の利益を喪失した場合などにおいても、担保権を実行し、また連帯保証人から回収を行うことがありますが、営業者は、借手の信用力、その他の事由を総合的に判断して、その裁量により、これを猶予することがあります。

よくあるご質問へ戻る

■ 配当について
ご質問
1. 配当はいつから始まるのですか?
回答
配当は、借手への融資実行日が当月の15日までの場合は翌月の15日(銀行休業日の場合は翌営業日)から、当月の16日以降月末までの場合は翌々月の15日(銀行休業日の場合は翌営業日)から、それぞれ開始されることを予定しております。

■例
借手が2017年4月28日に借入を行った場合には、同年5月31日(銀行休業日の場合は翌営業日)から利息の支払が始まりますので、同年6月15日(銀行休業日の場合は翌営業日)から配当を実施することになります。

よくあるご質問へ戻る

ご質問
2. 配当原資は何ですか?
回答
配当原資は、主に毎月借手が営業者に対して支払う利息です。
なお、原則として、最終返済日(2018年12月31日(同日が営業日でない場合にはその翌営業日))より前の日には出資金元本の償還は行われませんが(借手は、融資実行日から約20ヶ月後の最終返済日に元本を一括で弁済する契約のため)、借手が早期弁済を行った場合には、配当金に加え出資金元金が償還される場合があります。

よくあるご質問へ戻る

ご質問
3. 借手の早期弁済はどういった場合に発生しますか?
回答
①借手との間の貸付契約の元金返済期日前に、飲料用ミネラルウォーター製造販売事業が実現し、その結果、借手が銀行など他の金融機関から融資を受け返済原資を調達することができた場合又は②借手が希望する場合には、早期弁済が発生することとなります。

よくあるご質問へ戻る

■ その他
ご質問
1. 営業者は借手に対してどのような審査を行うのですか?
回答
貸金業法に則り、借手の信用力の審査を、営業者独自の基準に基づき行っております。

よくあるご質問へ戻る

ご質問
2. 出資した金額は全て融資実行されるのでしょうか?
回答
出資募集額に満たない場合や、営業者の判断により、予定していた貸付を行わないことを決定した場合などにおいては、融資実行をしないことがあります。

よくあるご質問へ戻る

ご質問
3. 運用開始はいつからですか?
回答
借手に対する融資を実行した日からとなります(ただし、借手に対する貸付金に利息が発生するのは、融資を実行した日の翌日からとなります。)。
そのため、出資金をご入金いただいても、ご入金日から、融資実行日までは運用が開始されず、配当が受けられません。

よくあるご質問へ戻る

ご質問
4. 管理手数料はいくらですか?
回答
管理手数料については、「サービスの概要と出資のリスク・手数料について」及び契約締結前交付書面の手数料の記載をご確認ください。

よくあるご質問へ戻る

ご質問
5. 運用開始後に途中解約することはできますか?
回答
できません。ただし、営業者に匿名組合契約の規定に違反するなどの事由が生じた場合には、契約を解除することができる場合があります。詳細につきましては、契約締結前交付書面の記載をご確認ください。

よくあるご質問へ戻る


会員登録はこちら


  • ELOAN


ページの上へ戻る