close

マイナンバー制度について

マイナンバー制度について

マイナンバー制度は、公平・公正な社会の実現、行政の効率化、国民の利便性の向上を目的として創設されました。

マイナンバー 社会保障・税番号制度について(http://www.cas.go.jp/jp/seisaku/bangoseido/

マイナンバー制度では、住民票を持つすべての個人に12桁の個人番号(マイナンバー)が、法人には13桁の法人番号が付与され、2015年10月より通知が開始されています。
このマイナンバーは、社会保障、税、災害対策分野の中で、法律で定められた行政手続き等にしか使用できません。

弊社は、法律で定められた手続きとして、利益の分配に際してお客様から源泉徴収した所得税の金額を、支払調書として税務署に提出しており、弊社はこの支払調書にお客様のマイナンバーを記載する必要があります。

そのため、弊社で新たに投資家登録を行うお客様は、必ずマイナンバーをご提示いただく必要があります。
また、既に投資家登録が完了し、お取引いただいているお客様もマイナンバーをご提示いただく必要がありますので、何卒、お手続きをいただけますようお願いいたします。

既に投資家登録のお手続きが完了しているお客様のご提示方法

マイページにログインし、右上に表示される「登録情報」から「登録内容確認」「必要書類登録」の順にクリックするとファイルアップロードの画面が表示されますので、ここからマイナンバーご提示のお手続きを行うことができます。

よくあるご質問について

マイナンバーとは何ですか?

マイナンバーとは、住民票を有するすべての方に1人1つ通知される12桁の番号です。
外国籍の方でも住民票のある方にはマイナンバーが付番、通知されます。
また、法人には1法人1つの法人番号(13桁)が指定されます。

通知カードとマイナンバーカードの違いは何ですか?

「通知カード」は2015年10月より、住民票を有するすべての方を対象に交付された紙のカードです。
「マイナンバーカード」は、2016年1月から、「申請」により交付されるICチップを搭載したカードです(「通知カード」に付された「個人番号カード交付申請書」により、各市区町村へ申請後に交付されます。)。

また、マイナンバーが記載される書類は、以下の3つがあります。
①「通知カード」
②「マイナンバーカード(個人番号カード)」
③「住民票」

マイナンバーカードの様式について
通知カードの様式について

※ 出典:総務省ホームページ
http://www.soumu.go.jp/kojinbango_card/03.html
http://www.soumu.go.jp/kojinbango_card/02.html

投資家登録を行う際、マイナンバーを提示する必要はありますか?

弊社で投資家登録を行うお客様は、マイナンバーをご提示いただく必要があります。
弊社は、税務署に提出する支払調書の作成に限定して、お客様のマイナンバーを使用します。
また、お客様にご提示いただいたマイナンバーは、特定個人情報として法律に定められた規定に基づき、弊社にて厳格に管理いたします。

法人名義で投資家登録を行う場合も、番号の提示は必要でしょうか?

法人名義で投資家登録を行う場合には、「法人番号」のご提示が必要です。「法人番号」の通知は、「マイナンバー」と同様に2015年10月から開始されており、「法人番号指定通知書」が登記上の所在地に通知されています。
「マイナンバー」と異なり、「法人番号」は「国税庁法人番号公表サイト」上で広く公表され、確認することができます。
個人の場合と同様、投資家登録の際に、弊社宛にご提示いただく必要があります。

マイナンバーの提示方法を教えてください

 新規で弊社に投資家登録を行うお客様と、既に弊社で投資家登録を完了しているお客様で、マイナンバーの提示方法が異なります。

■新規で投資家登録を行うお客様
⇒投資家登録のお手続きの中で、マイナンバーをご提示いただきます。
■既に投資家登録を完了しているお客様
⇒マイページにログインいただき、以下の手順にてマイナンバーのご提示をお願いいたします。
 ①ログイン後の画面にて右上の「登録情報」タブをクリック
 ②展開したメニューから「登録内容確認」をクリック
 ③表示された登録情報一覧の、右上にある「必要書類登録」をクリック(※)
 ④マイナンバー登録画面が表示されるので、マイナンバーの入力と、
  必要書類のアップロードをお願いいたします。

※「必要書類登録」からマイナンバーをご提出できないお客様は、弊社までご連絡ください(0120-104-168)。

マイナンバーの通知カードが手元にないのですがどうしたらよいでしょうか?

2015年10月より、市区町村等から通知カードの初回配達が行われています。
お受け取りできなかった方の通知カードは、各市区町村に返還され、各市区町村にて一定期間保管されています。
通知カードがお手元にない方は、現在お住まいの市区町村等でお手続き方法をご確認のうえ、再交付申請のお手続きをお願いいたします。

SBIソーシャルレンディングは
業界最低水準の事業者スプレッド(※)、法人向け貸倒れ0件、3つの手数料が無料!

(※)貸付金利に占めるソーシャルレンディング事業の手数料割合

新規登録(無料)



ページの上へ戻る