close

商品概要


商品名
SBISLコーポラティブハウスローンファンド12号
出資対象
コーポラティブハウス建設にかかる土地の購入費用、コーポラティブハウスの建設費用その他関連費用
出資募集金額
1億9,500万円
※ 出資口数1口あたり最低5万円以上5万円単位
出資募集期間
2014年3月10日(月)午前9時 ~ 2014年3月20日(木)午後15時
*お客様からの入金額が出資募集金額に達した時点で終了
投資運用期間
融資実行日の翌日 ~ 2015年3月31日
分配方法
お客様への分配は毎月15日(当日が営業日(法令により日本において銀行の休日とされる日以外の日をいいます。以下同じ。)でない場合は翌営業日)
※ 借手からの貸付元金は最終返済日(2015年3月31日(火))に一括返済
※ 利息の受取りは毎月27日(当日が営業日でない場合は翌営業日)(但し最終回のみ2015年3月31日)
※ 期限前返済有
実質利回(予定)
4.0%(年利)
*借手への貸出金利は6.0%(年利)を予定しております。借手の貸倒れ等によっては、元本割れや最悪の場合には元本が0になる可能性があり、実際の運用利回りを確約するものではございません。なお、投資のリスクと手数料については、本ページに記載する事項、投資の際に交付される各種書面を十分ご理解いただいた上で、投資にあたっての最終判断はお客様ご自身でお願いいたします。
担保
不動産への第1順位での普通抵当権の設定
備考
  • ・コーポラティブハウスの建設組合を主債務者、建設組合の組合員を連帯債務者とする貸付契約で融資実行いたします。
  • ・会員サイトより出資申込後、3営業日以内に出資金の預託が確認できなかった場合には、匿名組合契約は不成立となり、お申込をキャンセルさせていただきますのであらかじめご了承ください。
  • ・本匿名組合契約締結に基づく出資金の預託後のキャンセルはできませんのであらかじめご了承ください。

* よくあるご質問はこちら

* 出資したファンドから当該ファンドへの振替方法


スキーム概要


スキーム図概要

担保の概要について

担保の概要は下記の表の通りとなります。

担保内容
建設組合の各組合員の所有地合計 434.60㎡
国土交通省地価公示価格
56万6,000円/m²(担保換算 245,983,600円)
近接住所より算出
国税庁路線価
60万円/m²(担保換算 260,760,000円)
弊社担保評価額
3億1,000万円
担保の設定方法
不動産(土地)の抵当権
※ 借手に対する貸付債権を被担保債権とする一番抵当権を設定

サービスの特徴とリスクと手数料


過去に募集を取り扱ったオーダーメード型のローンファンド


※ 下記はSBIソーシャルレンディングサポート社がSBIソーシャルレンディング社に吸収合併される前の例を含んでおります。

商品名
運用期間
実質利回
希望借入額
募集金額
4ヶ月
5.00%
7,000万円
7,000万円
17ヶ月
4.00%
4,600万円
4,600万円
22ヶ月
4.00%
1億8,170万円
1億8,170万円
16ヶ月
4.40%
5,700万円
5,700万円
15ヶ月
5.00%
1,800万円
1,800万円
17ヶ月
4.00%
1億6,300万円
1億6,300万円
16ヶ月
4.00%
2,100万円
2,100万円
16ヶ月
6.00%
6,700万円
6,700万円
21ヶ月
4.00%
6,800万円
6,800万円
15ヶ月
4.00%
4,600万円
4,600万円
25ヶ月
4.00%
9,900万円
9,900万円

各ファンドの状況の最新は投資家会員登録後の画面で確認することができます。

よくあるご質問

ご質問
コーポラティブハウスとはどのようなものですか?
回答
コーポラティブハウスとは、入居希望者が集まって建設組合を結成し、その組合が事業主となって、土地取得から建築、設計等の建設行為の全てを行う集合住宅のことをいい、コーポラティブ住宅や、コープ住宅とも呼ばれます。

入居希望者自らが建築家を選び造り上げるため、自分たちの好みに応じた、オーダーメードの建築が可能となります。

また、分譲マンションや建売住宅では、広告宣伝費、販売経費や手数料が必要ですが、コーポラティブハウスでは、余分な経費やマージンを省くことができます。

よくあるご質問へ戻る

ご質問
借手はどのような人たちですか?
回答
日本に建設予定のコーポラティブハウスの建設組合が借手、当該建設組合の組合員全員が連帯債務者となっております。

よくあるご質問へ戻る

ご質問
融資資金の資金使途は何ですか?
回答
コーポラティブハウスの建築にかかる土地の購入費用、コーポラティブハウスの建設費用その他関連費用です。

よくあるご質問へ戻る

ご質問
投資のリスクは何ですか?
回答
お客様の主要なリスクは以下のものが考えられます。

①建設組合員の信用悪化リスク
②建設組合員に対する住宅ローンの不実行リスク
③建設組合員の脱退リスク
④担保不動産の価格下落リスク
⑤弊社の倒産リスク
⑥金利変動リスク
※ファンドに投資する際に交付される各種書面のリスク説明などを十分ご理解いただいた上で、投資にあたっての最終判断はお客様ご自身でお願いいたします。

よくあるご質問へ戻る

ご質問
投資する場合はどうしたら良いですか?
回答
下記の手順でお手続きをおこなってください。

①弊社のHPから投資家登録を行いログイン
②投資したいファンドでコーポラティブハウスローンファンドを選択
③契約締結前交付書面で投資のリスクと手数料を確認
④投資のお申込(匿名組合契約の締結)
⑤出資金の預託

よくあるご質問へ戻る

ご質問
借手が予定通りの返済を行わない場合はどうなりますか?
回答
弊社は、延滞発生後弊社所定の方法により督促を行います。その後、弊社の判断により、債権回収会社に回収業務を委託し、又は、債権を譲渡すること等により融資資金の回収を図ります。但し、当該融資資金の回収が実現することを約束するものではありません。

よくあるご質問へ戻る

ご質問
出資時の手数料はどのようなものがありますか?
回答
手数料の概要は下記の通りとなっております。

詳細は、「サービスの概要と投資のリスク・手数料について」欄をご確認ください。

① 弊社管理手数料(毎月15日(当日が営業日(法令により日本において銀行の休日とされる日以外の日をいいます。以下同じ。)でない場合は翌営業日)の配当日に発生)

② その他の手数料(弊社事務手数料含む)
・お客様が出資金を弊社指定の口座へ振り込む場合の、金融機関での振込み手数料(銀行振り込み手数料)
・配当金を、お客様の依頼に基づきお客様の登録口座に出金するときに発生する弊社事務手数料

* 但し、下記の場合には弊社事務手数料は発生しません
・配当金を別のファンドに再投資する場合
・配当用口座・投資家用口座に出資金・配当金を保持したままにする場合
・所定の日までにお客様が申請した出資金額全額の預託がなされず、出資金をお客様の
登録口座に返金する場合
・弊社の判断により貸付を実行せず、出資金をお客様の登録口座に返金する場合
・出資金を入金した時点で出資募集額が満額に達しており、出資金をお客様の登録口座に
返金する場合

よくあるご質問へ戻る

ご質問
アーキネット株式会社とはどんな会社ですか?
回答
アーキネット株式会社とは、コーポラティブハウスのプロデュース事業およびインターネット上での園芸用品の通信販売事業を手がけている会社です。

累計85棟621戸(2012年12月まで)のコーポラティブハウスのプロデュース実績のある日本のリーディング企業です。

コーポラティブハウスのプロデューサーとして、建設組合の設立から、竣工、受渡し後まで、コーポラティブハウスの様々な場面で緻密なコーディネートを行います。

詳しくはアーキネット株式会社公式ホームページまで

よくあるご質問へ戻る

  • ELOAN


ページの上へ戻る