close

借手のお客様の声

本ページでは、一部の借手のお客様からいただいた声を掲載しております。(2017年10月)


Voice A
借手の声:不動産担保ローン事業者ファンド
Voice B
借手の声:テレマティクスローンファンド
Voice C
借手の声:地方創生ローンファンド

借手の声:不動産担保ローン事業者ファンド

弊社は不動産担保ローンを取り扱う貸金業者です。
お客様に不動産担保ローンを行う資金の資金調達をSBIソーシャルレンディングのSBISL不動産担保ローン事業者ファンドより行っております。

貸金業者にとって、ローンを行うための資金調達が、製造業における原材料の仕入れに相当します。
この資金調達が安定的に、スムーズに、タイムリー、低コスト(低金利)で行うことが可能であれば、お客様に対するローンも安定的に、スムーズに、タイムリー、低コスト(低金利)で行うことができます。

弊社はこれまでも銀行、信用組合、上場総合ファイナンス会社等から資金を調達してきました。ところが調達金額、スピード、融資条件等に一長一短があり、この仕入れの状況により、なかなかお客様のニーズに最大限お応えできないケースもうまれていました。

従来型の金融業、金融サービスの枠にとらわれない何か新しい仕組みの資金調達の可能性はないか、さらにそれを社会貢献につなげることはできないかと考えていたところ、ソーシャルレンディングに出会いました。

ソーシャルレンディングは、資金ニーズのある人、事業者と余裕資金のある人、事業者をインターネット上の仕組みを使って結びつける新しいサービスです。このソーシャルレンディングという仕組みにより弊社が資金調達ができ、弊社がご融資した方々、そこに資金を投資した方々がご満足いただければどんなに素晴らしいことか。
また、ソーシャルレンディングが普及することによって、従来の金融システムではカバーできていない資金需要に対し融資を提供し、社会の資金循環が少しでも改善されることが期待できる。当時は東日本大震災からまだ1年も経過しない頃で、日本全体が閉塞感のある経済社会状況でもあり、少しでも世の中に社会貢献できるのではないかと会社内でも特に若い社員から声が上がりました。

SBISL不動産担保ローン事業者ファンドによる資金の調達を始めて、5年が経過しました。当初は、資金を調達したい金額に対して、投資家様からのファンドへの出資が十分に集まらず、資金調達したい金額を借入できないケースもありましたが、最近は投資家数、出資額も増え、安定的に資金の調達が可能となってきました。
またSBISL不動産担保ローン事業者ファンドは月2回の募集をしていただくことで、よりスムーズに、タイムリーな資金の調達が可能となり、お客様へのご融資もよりお客様のニーズにあったものとなってきております。

約5年間、毎月2回の募集と調達(借入)が1度も途切れることなく継続して行うことができました。
SBIソーシャルレンディング様とSBISL不動産担保ローン事業者ファンドによる資金調達スキームを構築するにあたり、不動産担保ローン事業者のビジネスモデルをご説明、ご理解いただくとともに、借り手として資金を調達する場合の要望等もお伝えしてまいりました。
貸金業法や金融商品取引法など、法規制の厳しい中、SBISL不動産担保ローン事業者ファンド企画段階から見ると約6年間、SBIソーシャルレンディングのスタッフの皆様は暖かく、根気よく、前向きにご対応いただき感謝しております。

SBIグループ企業からのソーシャルレンディングというあたらしい手法による資金調達であることは、弊社のお客様や各ステークホルダー様との信頼拡大にもつながっております。このソーシャルレンディングに関心を持ち詳しく知りたいというステークホルダーの方もいらっしゃいます。
また、これまでの資金調達実績と返済実績により、投資家の方の信頼も増加してきた、継続的に投資される方も増えてきていると聞き、大変うれしく思うとともになお一層の責任も感じております。

これからソーシャルレンディング(貸付型クラウドファンディング)の知名度がもっと上がり、投資家の数、投資額も増加するとの報道もあります。
弊社としては業歴20年を超える中で培ってきた不動産担保ローン事業となりますが、ソーシャルレンディングの発展にあわせて、弊社も発展していけるよう、役職員ともども、不動産担保ローン事業に邁進してまいります。

借手の声:テレマティクスローンファンド

弊社は、フィリピンでの庶民の移動手段である「トライシクル」の割賦販売会社に対し資金管理を行っております。
フィリピン共和国で「トライシクル」を購入し、Global Mobility Service株式会社が提供する「車両遠隔制御IoTデバイス“MCCS”」を取り付けたうえで、ドライバーに割賦販売する会社のための資金調達をSBIソーシャルレンディングより行っております。

この度の取り組みは、新興国の働く意思のある人々に、活躍の機会を提供することで雇用の創出や所得の向上を実現することができる、社会性の高い取り組みであると考えております。
伝統的な金融機関の視点からはリスクが大きいとも捉えられる取り組みですが、SBIソーシャルレンディングを通じて資金調達を行うことで、フィリピン現地では販売用トライシクルの調達が円滑に進み、価値のある事業を早期に立ち上げ成長軌道に乗せること、成長スピードを加速させることができております。

投資家様からは弊社事業の社会的価値にご賛同いただき、ご投資いただいていていることを有り難く存じております。ご期待に応えるためにも、より一層事業に邁進し「頑張る人が報われる社会」を構築すべく努めてまいりますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

借手の声:地方創生ローンファンド

弊社は売掛債権等の流動化事業を行っております。公共事業に係る工事請負代金債権の譲渡を受けるための資金調達をSBIソーシャルレンディングより行っております。
銀行からの資金調達ですと、ただ融資を受けただけになってしまいますが、SBIソーシャルレンディングでは、弊社の事業内容や事業に対する想いもネット上に記載していただける点に魅力を感じております。

実際、自分たちの事業がネット上に掲載され、そこに投資家の方からの出資が集まるというプロセスを経て、弊社チームの士気も上がりました。融資を受ける目線・投資家の目線・商品のリスク・事業の想い等、全てを踏まえて商品を作り上げる、そんなイメージがSBIソーシャルレンディングにはあります。

また、中小企業の一番の弱点は社会的信用度だと思いますが、SBIグループのSBIソーシャルレンディングから融資を受け事業を進めていくことで、弊社の信用度向上にも繋がります。弊社の取引先や関係者と話す際にも大変助かっております。

契約上はSBIソーシャルレンディング様との融資契約ですが、元々は投資家の皆さまからご出資いただいた資金で融資いただいているという認識は常に持っております。そのため、リスクをいかに少なくするかを心がけております。

SBIソーシャルレンディングは

1万円 から投資可能

予定年利 3.2~10.0%

利益は 毎月分配

新規登録(無料)



ページの上へ戻る